人は本来、土から生まれ土へ還っていくという生き物としての存在です。
 ですから、いのちの根源である食べ物は、すべてが大地が育んだものです。
 決して、プラスチックや鉄を食べて生きているのではありません。

 しかも最近は、昔のように住み慣れた自分の家で亡くなるよりは、高度医療の機器に取り囲まれた病院の病室で亡くなられる事がほとんどです。

 そうであるならば、なおさらのこと、自分の命の永久の眠りは、自然の樹木の下であって欲しいという願いは自然の思いであるでしょう。

        


 自然葬の意味